最近化粧品が合わない…

女性の体内には色んな女性ホルモンが存在することは有名な話ですが、その中でも肌や髪の毛に働きかける女性ホルモンはエストロゲンといいます。

またの名を美のホルモンとも言うエストロゲンは、肌に潤いやハリを与える、若さを維持するための女性ホルモンです。

しかし悲しいことに女性の体内のエストロゲンは、年齢と共に少しづつ減少していきます。エストロゲンが減少すると肌は荒れやすくなったり、乾燥しやすくなるのです。

エストロゲンの分泌のピークはアラサー世代と言われていて、アラフォーに差し掛かる頃には一気にお肌の環境は悪くなります。

35歳以上の女性の約70%が敏感肌になったと答えているデータもありますから、35歳と言うのは化粧品を選び直す年齢なのです。

そんなお肌に変化がみられる世代にお勧めしたい基礎化粧品がワリューWarew、アンチエイジングを応援するリッチエマルジョンです。

厄年肌かも…そう感じたらワリューWarewの時

厄年肌とはワリューWarewを作っている化粧品メーカーが考えた言葉で、年齢と共にモイスチャーバランスが乱れ、肌環境が悪化してトラブルが起きやすくなった肌のことをいいます。

ちょっとワリューWarew のメーカーの名前の付け方どうかと思いますが…。

女性は誰でも年齢と共に肌の調子が変化してきます。20代の頃には相性が良かった化粧品であっても、30代や40代になってくると必ず効果にズレが生じてきます。

それは今の肌が必要としている化粧品成分と、実際に化粧品に配合されている成分が合っていないからです。

ワリューWarewはアラフォー世代の大人の女性の肌が欲している成分や栄養素を、徹底的に追求して配合することを目指しています。

と言うわけで、個人的にワリューWarewを使ってほしいと思う世代は。33歳~45歳位といった感じですね。

私の感覚ではワリューWarew は安い基礎化粧品だとは思わないので、そのくらいの年齢が無難かなと思います。

ワリューWarewと梅の関係

ワリューWarewエマルジョンリッチはこの1本だけで美容液、化粧水、乳液の3つの役割をこなす、いわばオールインワンみたいなところもあります。

1本のエマルジョンで美容液、化粧水、乳液の役をこなすために、ワリューWarewのメーカーが目をつけたのは梅です。

昔から殺菌、消毒、長寿など様々な効果・効能の研究がされてきた梅ですが、ここ数年のワリューWarewの研究では、梅は肌にハリや潤いを与え、ツヤを取り戻す効果があることも分かっています。

梅の根っこの部分にあるウメ根と呼ばれる成分は、1本の梅の木からわずか数十グラムしか採ることができませんが、その成分がアンチエイジングに効果があると言われています。

そんな希少なウメ根を効率よく大量に採取するために、ワリューのメーカーでは国内にウメの栽培園まで保有しています。

さらにワリューWarewにはウメ根の他にも梅の果汁や枝などを含んだ、梅美活液が配合されています。

ワリューの配合成分

ウメ果実水、温泉水、ウメ枝/芽/葉/小枝水、スクワラン、ザクロ種子油、アルガニアスピノサ核油、ビャクダン油、ニュウコウジュ油、ニオイテンジクアオイ油、ダマスクバラ花油、イランイラン花油、パルマローザ油、海塩、海水、水、ムラサキ根エキス、トウキ根エキス、ザクロ花エキス、ヤマザクラ樹皮エキス、ウメ根エキス、アカマツ葉エキス、ホオノキ樹皮エキス 

ワリューWarewの強みは肌への浸透力

ワリューWarewの最大のメリットと考えられるのは、エマルジョンをナノ化することで可能になったお肌の角質層への浸透力です。

高圧処理を施されたワリューWarewエマルジョンリッチは普通の乳液や化粧水とは違い、ナノサイズまで極小化されたエマルジョンです。

圧力を強くかけることで分子レベルで小さくしたワリューWarewエマルジョンは、お肌の角質層の奥深くにまで行き渡ります。

ワリューWarewのメリットは何といってもこのお肌への浸透力ですから、肌の内側からしっとり保湿することが可能です。

また、肌の内側からしっかりと保湿することによって、紫外線などのお肌の脅威からも守ってくれるのです

ちなみに、初回の購入であればワリューが安く買えるキャンペーンを頻繁にやっているので、お試しでワリューを使ってみたい人はそのようなタイミングを狙うことをおすすめします。