オリーブキュアとは?

オリーブキュアとは、オリーブオイルを主成分として生成された基礎化粧品で、クレンジング、フェイスウォッシュ、化粧水、乳液の4つがあります。

2016年に楽天市場のランキングで第1位を獲得したこともあるほど人気の化粧品で、オリーブキュアの知名度はかなり高いです。

オリーブキュアは完全自然派の化粧品で、合成香料・着色料・タール色素・鉱物油・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使用していないオーガニック化粧品です。

化粧水を使うと肌がヒリヒリするなど、敏感肌な方に人気のある基礎化粧品です。

オリーブキュアのメーカーは、オリーブオイルを使ったコスメを70年以上つくり続けている老舗です。

70年前というと、オリーブオイルは化粧品どころか食用としてもまだ知名度が低かった時代です。

その頃からオリーブオイルを化粧品として研究し続けているメーカーですから、オリーブオイルに関する知識はどの企業よりも深いと言えます。

スペインには自社のオリーブ農園も所有していて、オリーブの栽培からオリーブキュア化粧品の生産までを自社で行なっているそうです。

農園で太陽を浴びて育ったオリーブを使った天然基礎化粧品、それこそがオリーブキュアです。

なぜオリーブオイルなのか?

オリーブオイルは最近食用としてだけではなく、肌の保湿や髪の毛のトリートメント代わりに使う人が増えています。

ではなぜオリーブオイルが良いのか?案外理解してオリーブオイルを使用している人は少ないように思います。

オリーブオイルにはオレイン酸やスクワレンが含まれていて、人の皮脂成分と似た性質があります。

成分が近いため肌との相性がとっても良く、角質層へ浸透しやすいという特徴があります。

特にオレイン酸は肌から水分が蒸発するのを防いでくれるので、保湿を考える上ではとても重要な成分です。

その他にもオリーブオイルにはビタミンAやビタミンE、ポリフェノールなど、お肌の健康に必要な栄養素を多く含んでいるので、古来から美肌維持のために使われてきました。

オリーブキュアを実際に使ってみた口コミをレビュー!

クレンジング 

オリーブキュアのクレンジングオイルは、オイルとは思えないほどサラッとした仕上がりの質感です。

クレンジング後もべたつきなどは残らず、さっぱりと水で洗い流すことができます。

メイク落としの効果はさすがオイル系というだけのことはあって、アイラインや濃い目のシャドウも完璧に落とせました。

香りはラベンダー+柑橘系だそうですが、ラベンダーの香りが強いのでオレンジのような香りはイマイチ分かりません。

洗顔

オリーブキュアには専用の泡立てスポンジが付いているので、それを使ってふんわりミルキーな泡をたてていきます。

香りはこちらは柑橘系で、ジョンマスターオーガニックのようなさっぱりした臭いがします。

オリーブキュアの原液はかなりさらさらしているのですが、そのようなテクスチャーからは考えられないほどしっかり張りのある泡ができました。

フォーム洗顔と比べるとさすがに泡のボリュームでは劣りますが、オイル系の洗顔と言うカテゴリーで考えると、オリーブキュアはかなり泡立ちが良い方だと思います。

化粧水

オリーブキュアの化粧水は、クレンジングや洗顔と違って甘い香りが特徴となっていて、ほんのりローズ系といったような香りがします。 

甘すぎずさっぱりした香りですが、ローズの華やかさも感じることができます。

オリーブキュアは化粧水の中でもかなりサラッとしていますが、毎日使っているうちにどんどんお肌がもっちりしてきます。

オリーブキュアはオーガニック化粧品なので、アルコールやパラベンは不使用となっていて、肌への刺激はかなり弱いです。

かなりの敏感肌で限られて化粧水しか使えないというような人であっても、
オリーブキュアは気にせず使える化粧水だと思います。

個人的な感想としては重すぎないけどもっちり仕上がる質感が好きでしたが、とにかくしっとり感が強い化粧水が好みの方や、肌がとにかく乾燥しやすいという方には、オリーブキュアは少し物足りないかもしれません。

乳液

オリーブキュアの乳液は、化粧水と同じくノバラ+ローズマリーの香りが付いています。 

化粧水は全体的にサラッとした質感が特徴でしたが、オリーブキュアの乳液は少しコクがあってクリーミーなテクスチャーです。

オリーブキュアは毎日使い続けていくことで少しづつ化粧ノリが良くなり、毛穴が目立たなくなる感じがしました。

化粧品の香りが好きな私としては、化粧水と乳液で違う香りに変えてほしかったなと言うのも本音です。

わたしのオリーブキュアの評価

オリーブキュアを実際に使ってみた感想として、1番良かったのはなんだかんだ言って香りの良さです。

合成香料を使用せず全てアロマオイルで香り付けがされているので、リラックス効果のある香りが特徴となっています。

アロマテラピーなど天然由来の香りを楽しむことが好きな方であれば、オリーブキュアの独特の香りの柔らかさはきっと気に入ると思います。

オリーブオイルを直接使う美容法もありますが、それだとどうしてもオイルのにおいが気になってしまいます。

その点オリーブオイルはオリーブオイルとは思えないほど香りが良いので、楽しみながらお肌のコンディショニングができます。

朝はスッキリ目覚めて、夜はリラックス、そんな楽しみ方ができるのがオリーブキュアの良いところだと思います。


また、肌への刺激が無いのも、オーガニック化粧品であるオリーブキュアの特徴だと感じました。

わたしは極端な敏感肌というわけではありませんが、刺激がきになって継続して使えなかった化粧品も結構あります。

アルコール配合のものはたいてい肌がヒリヒリするし、化学薬品で肌荒れすることも結構あります。

だけどオリーブキュアは完全無添加の化粧品というだけのことはあって、そういうトラブルは全くありませんでした。

だけどお肌の保湿とキメのバランスと言うか、そういう細かいところではもっと他にも良い化粧品があるのかなと感じました。

特に最近ではスリーを使うことが多くなりましたが、基礎化粧品のポテンシャルとしては、なんだかんだオリーブキュアよりもスリーの方が良いかなと思います。